ユーチューブ(Youtube)でアクセスを増やす方法パート2

公開日: : 最終更新日:2014/12/28 youtube(ユーチューブ) , , , ,

こんばんは。動画プロデューサーの加藤Pです。

先日のユーチューブのアクセスアップの方法の記事が非常に
反響が良かったので本日もユーチューブのアクセスアップの方法をお伝えしていきます。

皆さんがユーチューブで動画を検索すると
検索結果の表示がされると思います。

この時に検索一覧に表示されるのが
画像と動画のタイトルになります。

この二つがクリックしていただけるか動画の肝となります。

サムネイルの画像は勝手に動画の中の3か所が表示されて
3つから選択することが可能です。

タイトルに関しては動画のタイトルをつけるところで
キーワードを意識しながら、興味を引く強力なワードを散りばめることが重要です。

この二つがしっかりするとおのずとアクセスが集まるようになってきます。
是非、実践してみて下さい。

お気軽にご連絡くださいね☆
お問い合わせ→focus.impression@gmail.com

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
ブログのコメント欄に質問や聞きたいことを受け付けるようにしました。

是非お気軽に質問してください。
店舗サポート数日本一のカメラマン
伝える動画プロデューサー
加藤一輝
飲食店・美容院・エステ・整体・カイロ・カウンセラー・占い師様向け
▼動画を活用したメールマガジン▼
http://iphonexmovie.com/site/lnk/dougamail/

▼ウエディング撮影 エンドロール専門▼
http://iphonexmovie.com/site/lnk/blog/

▼無料で生い立ちビデオの作り方をプレゼント▼
http://iphonexmovie.com/site/lnk/memorialmovie/

今まで92.3%の参加者がセミナー中に動画を制作出来た!
小学1年生でも、62歳の男性でも出来たiPhoneを使った動画編集セミナー
↓詳しくはこちら↓
iPhone動画セミナー開催中
 

起業・独立 ブログランキングへ

関連記事

ユーチューブ(Youtube)のアクセスが3万回再生突破!!

こんにちは。動画プロデューサーの加藤Pです。 7月にスタートさせたユーチューブチャンネルが

記事を読む

cropped-FB2.jpg

ユーチューブ(Youtube)でアクセスを増やす方法

Youtubeでアクセスを増やす方法について本日はお伝えさせて頂きます。 まずはタイトル、本文

記事を読む

10806426_772702936112687_5083328094360453340_n

東京品川で集客動画セミナー開催決定!

【お待たせしました!!】 東京・品川でセミナーをやっと開催できます!! 多くの方にセミナ

記事を読む

信頼関係 ビジネス

1億円を売り上げるプロダクトローンチ

こんにちは。動画プロデューサーの加藤Pです。 先日、1億円の売り上げを達成することが出来たとお

記事を読む

最高のスタート

おはようございます。 九月になって最高のスタートが切れました! ありがとうございます!! ホー

記事を読む

Print

動画を生かしきれていますか?動画の生産性について 

動画プロデューサーの加藤Pです。 今日は動画の効果について考えてみたいと思います。 皆さ

記事を読む

プロモーション 動画 セミナー

プロモーション動画構築セミナー 【セミナー講師をさせて頂き、学ばせて頂く】

こんにちは。動画プロデューサーの加藤Pです。 最近はセミナー開催に向けてセミナーの資料作りを

記事を読む

Print

iPhone(アイフォン)動画セミナーの準備

こんばんは。動画プロデューサーの加藤Pです。 地元、岐阜県多治見市で第三回のiPhone動画セ

記事を読む

Google+(グーグル+)を使ってiphone(アイフォン)のデータをバックアップ

こんにちは。動画プロデューサーの加藤Pです。 私のiPhoneは32Gbなんですが 写真と動

記事を読む

iPhone,動画

Youtube(ユーチューブ)でアクセスを集める方法 1ヶ月で1万2千回再生

こんにちは。動画プロデューサーの加藤Pです。 先月の7月5日よりユーチューブチャンネルを立ち上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑